合わなくなった指輪をサイズ変更する方法

サイズの変わったリングをジャストサイズにするには

愛着のあるアクセサリーを大切に使い続ける

以前はジャストサイズで入っていたのに、なんだかきつくなった、若しくはもう入らないといった現象は指輪の場合にはあるものです。どうして昔は入っていた指輪が入らなくなるのか、その理由と共に、入らなくなってしまった指輪のお直し方法についてもご紹介します。

指から抜けてしまう指輪のサイズ変更は

指が痩せてしまったのか、それとも指輪が大きくなったのが原因なのか、使い続けるうちに指輪が下がってきたり、若しくはクルクルと回転したりする場合にも、指輪のサイズ変更がオススメです。こうした場合には指輪を小さく加工することになります。どんな方法で加工するのか、ご紹介しましょう。

自分でサイズ変更は可能なのか

サイズが変わってしまった指輪は業者に依頼しなければお直しできないものなのでしょうか。自分でサイズ変更する場合の方法はないのか、どんな方法があるのかについてご紹介します。指輪はサイズが変わる可能性のあるものですから、様々な方法を知っておくことで長く使い続けられるようになるでしょう。

入らなくなった指輪を大きくサイズ変更するには

指輪は多くの方に愛用されるアクセサリーの1つです。女性なら1つは持っている、若しくは持っておきたいと思う人気のアクセサリーでもあります。
そんな指輪は、もともとおまじないとしての風習からその歴史が始まりました。魔除けや健康祈願の意味を込めて、身体の一部に麻などの植物を紐状にして結んだのが最初とされ、紀元前3千年以上前の古代エジプトでは宝飾品として用いられるようになったのです。様々な遺跡からはゴールドや貴重な宝石がちりばめられた宝石が出土しています。

指輪はその後、古代ローマに渡り、結婚指輪の文化として流行するようになりました。かつての結婚は今の自由結婚とは異なり、いわゆる政略結婚が多く、指輪は契約書の役割を果たすものとされていました。結婚の文化は次第に変化し、自由恋愛が認められるようになっても、指輪を交換する文化だけは残るようになったのです。その文化がヨーロッパに広がり、次第に世界中に広がるようになります。

結婚の証として左手にはめるのは、左の薬指が心臓とつながる静脈とつながっていると考えられていた古代エジプトの文化が継承されているからです。つまり指輪の文化は、指輪の文化発祥の頃からの文化が脈々と継承されているものでもあります。

そんな魅力的な歴史を持つ指輪ですが、長く使い続けると変形してしまうことがあります。また人生経験を積んでいく中で、体重の変化があるとそれに伴い指輪が合わなくなるということも生じてしまうものです。

そんなときに、指輪をサイズ変更させるならどんな方法があるのか、こちらではサイズ変更させる方法と共にその注意点、また自分でサイズ変更が可能なのかについてもご紹介します。